仕事をする職場というカレでは

すなわち、法律の上では、性関係になければ、一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫じゃないということです。

個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。

不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士がいいでしょう。婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのか考えてから相談するべきです。

もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談しましょう。

女性の場合、近所の奥さまや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、噂の対象になりたくないのであれば、絶対にいけません。

事前に成功報酬と言われていても、仮に、浮気調査について依頼した場合には、その際の調査期間が3日間だったとするとその3日の間だけは浮気がなかったとすればその調査は成功したということになってしまいます。

本当は浮気をしているという場合でも、3日の間に浮気が発覚しなければ、浮気かどうかの証拠をつかむことなく、浮気調査は終了してしまい、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。

探偵の特徴としては、人に怪しまれることのないよう警戒を怠ることなく地味にコツコツと調査していきますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、先に自分の所属を明かして正面からの調査を行う傾向にあります。

探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると結論できそうです。

慣れないことを自分でやるよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。

探偵に依頼すると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。自分で手を尽くして調べてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。

でも、パートナーに詰め寄っても頑として浮気してない、と言い張ったら、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。
法テラスの弁護士にかかる費用

そのためには、絶対確実な証拠が必要です。身なりを確認して浮気の事実を突き止めることができます。

浮気をすることで、著しいのは身なりの変容です。以前はファッションに対して無頓着だったのに、突然にファッションにこだわるようになったら慎重に見ておく必要があるでしょう。